瞑想・マインドフルネス・癒やし

瞑想とは自己実現のツールではなく、自己超越のそれである!【マズローの欲求5段階説にはさらに上があった】

10代の後半の時に偶然か必然か瞑想に出逢い、色々な瞑想法を経験。
早いもので瞑想歴は約18年程。瞑想は3度の飯より好き。

どんな分野でも、だいたい1万時間程度継続してそれに取り組んだ人は、その分野のエクスパートになるという「※1万時間の法則」があるが、瞑想に費やした時間は余裕で1万時間を越える。

※1万時間とは毎日3時間休み無く10年間続けると、それくらいのボリューム感になる。

2012年から本格的には2016年から週1,2回週末に湘南藤沢を中心に現代人のためにデザインされた瞑想法であるOshoアクティブ・メディテーション、それと共に最近になって少しずつ分かってきた瞑想というもののエッセンスをシェアしています。

ヒマラヤ遊行庵のブログ | ネパール、マンダラ、メディテーションを通じて「からだ ∞ こころ」の幸せづくりのお手伝い

下記の記事で「瞑想」をしようと思った時に、知っておいたほうが良い大切なポイントをお伝えしました。瞑想に興味があって、始めてみたい方は一度読んで頂けると「瞑想」というものがどういう物なのか少し分かると思うので、ざっと目を通して頂けると有り難いです。

【実体験】瞑想しようと思った時にやってはいけない9つのこと

上記の「瞑想しようと思った時にやってはいけない9つのこと」の中でも書きましたが、一番大切なポイントは「瞑想をすることはできません!」ということです。
とても驚かれるかもしれませんが、この事は「瞑想」というものの真実を表していますし、一番醍醐味、面白いエッセンスの部分です。

もし「瞑想」を何か目標を定めて、達成・実現ができるいわゆる一般の世界の出来事のように「瞑想」の事を伝えているとしたら、それは本当の「瞑想」の事ではないと断言できます。何か自己実現や自己啓発の類に関連した誤った概念(コンセプト)をさも正しいかのように伝えているものかもしれません。

なぜなら本来瞑想とは「自己実現」に関わることではなく、「自己超越」あるいは「自己滅却」に関わることだからです。

この事に関して、最近ちょうど「マズローの欲求5段階説にはさらに上があった。人類が目指す自己超越とは TransTech Conferenceから」という記事が目に止まり、とても分かりやすく面白いものだったので、ちょっと長いかもしれませんが引用をさせて頂きたいと思います。「瞑想とはなんなのか?」について的を得た理解をする事ができます。

アブラハム・マズローの欲求5段階説とは、衣食住という基本的なニーズが満たされれば、人から好かれたい、自分の可能性を最大限に発揮したい、という欲求に移行するのだ、という話だ。正確には「生理的欲求」が満たされれば「安全欲求」。それが満たされれば「社会的欲求(外的に満たされたい)」。そして「尊厳欲求(内的に満たされたい)」「自己実現欲求」という5段階の欲求を、人間は登っていくのだという。

その5段階説が実は6段階だったと言うのだから、驚きだ。「多くの人は知らないと思うが、マズローは死の直前に人生が別の形で拓くことに気づいたんです」とMartin博士は語っている。

マズローは19706月に亡くなるまでの2、3年間は重い心臓病を患っていて、その「別の形」について論文にまとめることはできなかった。だが、登壇したあるフォーラムでその「別の形」について語っている。

マズローは、それをHigh-Plateau Experienceと呼んだ。「高原経験」とでも訳せばいいだろうか。Kripperという研究者が心理学の学術誌「Journal of Transpersonal Psychology」にマズローの発言を引用している。

マズローは次のように語ったのだという。「(喜びとか悲しみとかの感情の)ピークが過ぎ去れば、とても素晴らしいものが沈殿物のように残る」「(そこに残るすばらしいものとは)統合された意識のようなものだ」「統合された意識とは、聖なるものと普通のものを同時に認識できる意識状態と定義してもいいだろう」「ただじっと座って、1時間でもその(普通であり、聖なるものであるというものを)じっと観察することができる。そしてその瞬間瞬間を楽しむことができる」「そこには感情はなく静けさがある」。

その「静かで」「すばらしい」意識の状態にとどまっている経験のことを、マズローは「高原経験」と呼んだ。険しい山道を登りつめたところで、視界に広がる高原。楽しいことが起こる必要もなく、ただそこにたたずんでいるだけで内側からあふれてくる幸福感。そういう感じに近いので、マズローはこの感覚のことを「高原感覚」と呼んだのだろう。

広く知られているマズローの5段階説では「自己実現」がピラミッドの頂点。そこに到達すれば、それ以上の欠乏感も、欲求もなくなるはず。ところが自分の可能性を最大限に発揮して活躍できたあとでも、虚しさや欠乏感に苦しむ人が多い。

僕は経営者の友人が多いんだけど、事実、そういう話をよく耳にする。「ITベンチャーとして成功して生活に困らなくなったけど、次に何をしたらいいのか分からないんです。自分は孫正義さんのような経営者になれるような器ではないし。会社は部下がうまくやってくれていて、僕はほとんどすることがない。週に3回くらいは会社を抜け出してサウナに行ってます」「上場した企業の経営者の集まりに出かけたんですが、8割くらいの経営者はやる気がなさそう。目標を失ったんでしょうね」「東南アジアには日本で成功したお金持ちがたくさん移住してきていますが、ほとんどの人は楽しそうじゃない。自分の資産が減るのではないかとビクビクしている人が多いんです」。

Martin博士自身も、広告会社などで大成功し巨額の富を得たが、不安感、欠乏感を拭い去れなかったという。「お金持ちになれば欠乏感がなくなるのかと思ったけど、欠乏感はなくならなかった。一方で自分よりお金もないし成功していないのに、幸せそうな人がいる。何が彼らを幸せにしているのか、知りたいと思いました」。同博士は事業を売却し、ハーバード大学などで「本当の幸せ」について研究を始めたのだという。

自己実現しても、なくならない欠乏感。ましてや社会的欲求、尊厳欲求、自己実現欲求のど真ん中にいる人たちは、欠乏感をベースに努力を重ねている。

「恐れ、欠乏感は進化の過程では必要な感覚なんです。お腹がいっぱいになっても、すぐに敵に襲われるかもしれない。そういう恐れがあるからこそ、生物は生き延びることができる。でも人間は既に食物連鎖の頂点にいて、猛獣から襲われる心配もない。(都市部で生活するにあたって)恐れや欠乏感はもうそれほど必要ではないんです」と同博士は指摘する。

欠乏感から解放されて、高原にいるような幸福感に浸りたい。仏教などの教えによると、自我を超越すると欠乏感から解放され、幸福にたどり着けるという。欠乏感を生む自我を超越したい。現代人の多くがそう感じ始めている。「自己超越欲求」に目覚めた人が増えてきているのかもしれない。


「いくらお金、地位、名誉、その他いわゆる個人の成功のシンボル(象徴)と言われるものをどれだけ得たとしても、この生の実存的で根源的な「苦」というものから解放されることは無いという事はブッダによって2500年以上前にブッダが説かれ、示された時から現在も何も変わっていない真実」という事を「お釈迦様はなぜお金、富、権力、宮殿、美しい女性を全て捨てて、瞑想を始めたのか?」の記事にもかきましたが、
やっとブッダのように王様、王子レベルに圧倒的な富、地位、名誉などいわゆる成功のシンボルを余すこと無く手に入れても、「それでも何かが足りない。」「何かが違う。」と気がつくことができる知性(インテリジェンス)を持ち、「自己実現の次の上位レベルに来る自己超越の世界」を希求する誠実なハートを持った人達が少しずつ世界中でも確実に増えてきてるのかもしれません。

まだ日本では「私達のほとんど誰もが何か外側のもの、お金、地位、名誉、学歴、ブランド、知識、スキルその他いわゆる個人の成功の象徴と言われるものを可能な限り得ることが幸福とイコールと信じ、または知らないうちに物心つく頃までに社会や世間や親などと言ったような外側の権威によって信じ込まされてしまっています。

そして自分と他人をその不格好なものさしで比較して俺の方が年収が人口の上位1%、タワーマンションに住んで〜エトセトラ、エトセトラだから俺の方がもっと幸せというような単純で浅薄な価値観があたかも絶対的で、疑うことそれ自体が無意味な空気や水などあたりまえの存在かのようになってしまっているのが非常に危険でもあり、浅はかであたかも価値観のファシズム的な感じもして、それは違うなと強く思うので微力ながら色々と書いていこうと思います。

しかしこれを読んでも何の事だか分からないくらいに、この価値観はとっても洗脳浸透度の根がとても深くて、まずこの価値観は絶対的なものではなく、単なる選択肢のうちの一つであるという事に氣が付くだけでも実は結構大変です。

訳が分からなくて、ここまで読んでむしろ不快にすら感じてしまった方は
これ以上読み進めても、時間の無駄と感じてしまうかもしれないので、
どうぞお金、地位、名誉、学歴、ブランド、知識、スキルその他いわゆる個人の成功のシンボル(象徴)を可能な限り得るために、貴方の時間とエネルギーを最大限に捧げて、個人の自己実現、成功を目指しましょう。

そして逐一逐次TwitterなどのSNSで結果が出たら、つぶやきましょう。成功のシンボルと言われる年収、収入等のランクのモノサシで比較すると、上には上がいて、下には下がいるかもしれませんが、自分がどれくらい幸福、幸せランク・レベルなのか分かるかもしれませんね!

しかし一つだけ覚えておいてください。

私がこの記事で何を主張しようが主張しまいが、ガリレオが「それでも地球は回る」と呟いたようにお釈迦様やいわゆる覚者、賢者、悟りを開いた人が伝えた存在や人生の真実はニュートンの重力の法則と同じように、宇宙を司る究極の公式、法則であり、これまでの2,500年、これから何千年と変わらないものであるということを!

お釈迦様、賢者、悟りを開いた人々は「お金、地位、名誉、学歴、ブランドなど個人の成功の象徴(シンボル)をイコールで「幸福感や幸せ」と強引に結んでしまうのは、簡単に現代の言葉で言えば無理ゲーだけど、まだ「いくら稼いだとか年収いくらとかで消耗しているの?」ということかもしれませんw

何もワタシは個人の自己実現や成功を否定しているわけではなく、それがこの人生の最終目標であるかのように吹聴がなされている漠然とした世間の風潮が危ういと思うし、非常に浅薄だという事を中立的に伝えています。そこの部分勘違いしないでください。

逆にここまでお読みになられて、引用させて頂いたMartin博士のように「広告会社などで大成功し巨額の富を得たが、不安感、欠乏感を拭い去れなかった。」と感じていて、
お金、地位、名誉、学歴、ブランド、知識、スキルその他いわゆる個人の成功の象徴と言われるものを可能な限り得ることが幸福とイコールと信じて、これまで頑張ってきてそのような個人の成功を成し遂げたけど、「それでも何かが足りない。」「何かが違う」という心や魂の声が強く聞こえ始めているのであれば、おめでごうとざいます!
貴方は自分が望んだいわゆる個人の成功や自己実現を達成したあとも、自分の心や魂の声を聴くことができる繊細で誠実な感性と知性を持っている稀有な魂の御方です!
自己実現の世界を卒業され、ようこそ!自己超越の世界へ!
このブログでは「自己超越のツールである瞑想を中心に真に自由になるにはというテーマで定期的に記事を書いていこうと思いますので、興味がおありであれば覗いてみてください。

そのような成熟した知性(インテリジェンス)と感性が未熟ないわゆる成功者は
「もっともっと病」に罹り、収入のゼロをもう一つ増やし続ける終わりなき欲望ゲームに「どれだけ得ても、どれだけ持っていても、何かが足りない。何かが違う。」と氣がつくまで、このシステムとして圧倒的に不完全で、このままいけば地球が2個必要と言われている科学的、客観的なデータでも持続絶対不可能な資本主義、消費主義社会の中で終わりなきゲームに勤しむことでしょう。

この内部崩壊し始めている資本主義のシステムに重大なエラーが出てしまい、今まで価値があると思われていたものも一瞬で価値がないものなってしまう可能性も十分にあるのにもかかわらず、そのゲームを絶対的なものとして崇めて「今だけ金だけ自分だけ」のビジョンで粛々と続けていくのでしょう。

この現在の社会システムを絶対的なものとして捉え、そのシステムのゲームをゲームだと忘れてしまう程無我夢中になってしまうのは非常にリスクが高いと言えるかもしれませんが。

さてツラツラと書いてしまいましたが、「マズローの自己超越」の話に戻るためにもう一度引用に戻らせて頂きますね。

さてではその自己を超越した状態とはどういう状態のことを言うのだろうか。悟りを開いたと言われる人たち、自我を超越したといわれる人たちの心理状況、身体状況はどのようなものなのだろう。

Martin博士は、あらゆる宗教やスピリチュアリティーのジャンルを超えて、「悟っている」と言われている人に片っ端からコンタクトを取って、心理学や生理学などの科学的手法に基づいて聞き取り調査や身体測定を行ってきた。その数、1200人以上という。そしてそれらの体験の共通点を、論文にまとめている。

一般的に言われる「悟り」「覚醒」「ワンネス」「自己超越」「大我」「ハイヤーセルフ」などという状態は、心理学用語で「persistent non-symbolic experience (PNSE、継続的な非記号の体験)」と呼ばれている。「継続的な非記号の体験」って何のことやら意味が分からない。「言語化できないような体験」というような意味なのだろう。宗教や宗派によって「通常の自我とは異なる一つ上の意識状態」のことを示す単語や定義が異なるので、PNSEというよく分からない用語に落ち着いたのだそうだ。PNSEという用語を用いることで、インタビューやアンケートにおける宗教家などの協力を得ることができたという。

Martin博士によると、多くの「悟り人」の経験談をまとめててみると、マズローの「高原経験」はまさしくPNSEの一種だそうだ。

PNSEとはどういう状態なのか。簡単に言うと、

  1. 自我という感覚が薄れる
  2. 頭の中の雑念が少なくなる
  3. 雑念が少なくなるので、過去や未来にとらわれなくなる
  4. 雑念にとらわれないので、感情的にならない
  5. 基本的にすべてだいじょうぶだという感覚になる。

などがその特徴らしい。またPNSEといってもいくつかの段階があるらしい。Martin博士の論文を読んで、別の記事で詳しく解説したい。

同教授はまた、欠乏感に苦しむ多くの人にPNSEを体験してもらおうとオンラインの瞑想プログラムを開発している。同教授によると、同プログラムを試した70%がPNSEに到達したという。「悟りに到達するのは難しいと思われていたが、特定の瞑想方法など自分に合う手法を見つけるのが難しいだけ。自分にあった手法を見つけることができれば、比較的簡単にPNSEに到達できる」と語っている。世の中の多くの人がPNSEの状態になれば、社会は大きく変わる。本当だったらすごいことだと思う。この辺りも詳しく調べてみたい。


上記の引用で言っていることを纏めると、多くの悟り人が経験しているいわゆる「悟り」「覚醒」「ワンネス」「自己超越」「大我」「ハイヤーセルフ」という境地や状態はマズローの言うところのHigh-Plateau Experience「高原意識」と同じ意味で、
悟り」「覚醒」「ワンネス」「自己超越」「大我」「ハイヤーセルフ」というものを体験することは難しいと思われていた。

しかしオンラインの瞑想プログラムを開発して試したら70%の人が「高原意識」を体験することが出来た。そして「悟り」などの境地や状態を体験するのが難しいのではなく、自分に最適な瞑想方法を見つけるのが難しいという事が分かったという事